会員産地紹介

鳴子漆器協同組合(大崎市鳴子)

鳴子漆器の特徴は、挽物木地の塗立て技術にあります。塗りは木目を生かした木地呂塗りやふき漆仕上げ、また、独特の墨流しの技法の竜文塗があり、しっとりした美しさがあります。さらに、中塗りを施した後、蒔絵による加飾をする場合もあります。鳴子漆器は日用生活用品として使い勝手の良さ、丈夫さに人気があります。 >> 記事を表示する

会員名 : 鳴子漆器協同組合

住   所 : 〒989-6822 宮城県大崎市鳴子温泉字新屋敷122-2

電   話 : 0229-83-3628      F A X : 0229-82-2240

ホームページ :

大崎市竹工芸館(大崎市岩出山)

岩出山竹細工は、何もないところから、手づくりで作り上げます。米をといだり、小豆をこし餡にする時に使うものが主流なので、網の目を細やかに編んでいくのが特徴です。「大崎市竹細工館」は市の施設で、現在組合員として生徒が登録されていて、ここに習いに来ています。指導料はいただかず、出来たものは組合で買い上げ、竹工芸館で販売しています。仕事というよりは生きがいや楽しみながら取り組んでいる方が多いですね。 >> 記事を表示する

会員名 : 岩出山竹細工生産組合

住   所 : 〒989-6436 宮城県大崎市岩出山字二ノ構115

電   話 : 0229-73-1850      F A X : 0229-73-1851

ホームページ :

津山木工芸品事業協同組合(登米市津山町)

町の82%が山林という宮城県登米市津山町。昭和54年、地場の資源・杉材の有効利用を目的として、木工芸の里づくりがスタートしました。津山の木工職人が丹精込めてつくった木工製品は、樹木の個性を生かしてひとつひとつ手づくりのため、この世にたったひとつしかありません。「木工体験教室」や「夏休み親子工作教室」なども開催しています。杉の間伐材利用から始まった矢羽細工(矢羽クラフト)による、見た目も手触りもいい、やさしい風合いの多彩な木工品です。 >> 記事を表示する

会員名 : 津山木工芸品事業協同組合

住   所 : 〒986-0402 登米市津山町横山字細屋26-1

電   話 : 0225-69-2341      F A X : 0225-69-2171

ホームページ : http://moku2.biz/

雄勝硯生産販売協同組合(石巻市雄勝町)

600年の伝統と技が生きる雄勝硯は、我が国が誇る伝統的工芸品の一つとして昭和60年5月に通商産業大臣より国の伝統的工芸品の指定を受けました。黒色硬質粘板岩で光沢・粒子の均質さが優れ、その特性は純黒色で圧縮・曲げに強く吸水率が低く、化学作用や永い年月にも変質しない性質を持っています。また石肌の自然模様はいつまでも見飽きることのない優雅さがあり、柔らかな黒髪を思わせる女性美を持っています。

>> 記事を表示する

会員名 : 雄勝硯生産販売協同組合

住   所 : 〒986-1333 宮城県石巻市雄勝町雄勝伊勢畑84-1

電   話 : 0225-57-2632      F A X :

ホームページ : http://ogatsu-suzuri.jp/

手しごと AKIU

歴史ある秋保地域に、個性ある工芸家たちが集まっているのが、手しごとAKIUの特徴です。全員が行政主導で集まったわけではなく、それぞれが聖地を求めて歩いた結果、みんな秋保に集結した。そんな個性ある人たちがひとつになって、平成28年4月「手ん店~あきうクラフトフェア」を開催しました。手しごと館隣のロッジ村を丸ごと使い、つくり手と買い手が昔の商店街のようなやりとりを楽しめるクラフトフェアにして、のべ3200名ものお客さんに楽しんでいただきました。 >> 記事を表示する

会員名 : 手しごと AKIU

住   所 : 〒982-0241 仙台市太白区秋保町湯元字馬乙2-1(木の家 秋保手しごと館内)

電   話 : 022-397-2714(10:30~16:00)      F A X : 022-397-2903

ホームページ : http://akiu-kinoie.co.jp/